忍者ブログ
2008/11/27
[80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2002-1226-10.JPG 浜松町で飲むことが多かった。有名な「秋田屋」も入社当時はいつでも座れるお店だった。店員のおばちゃんが気になる人にだけにサービスのお新香を出した。はい、私も何度か出して頂きました。
 浜松町が徐々にビジネス街になり飲み屋の種類も増えてきたのに、どこも満員で入れない!ある日の三人、いい加減探し回って、ふと目の前に中華料理「勢竜」の看板、
「こういう店での飲み方を教えてやるよ」と偉そうに、ん?1Fにお客が誰もいないよ、、、、不安!
「2階にどうぞ」と、そこそこお客さんがいて食事という感じ。
で、レバニラ、餃子などと紹興酒2本。(一人は呑めない奴(笑))餃子が美味い。

 2度目、ほとんどお客がいない。ゆっくりマスターとお話しすることになった。覚えていてくれてて、いい感じのマスターでした。
 21時過ぎると料理人を帰してしまいマスターが一人で接客、料理と、、、無理だべぇ。
「うちは残業代なんて払えないから帰ってもらってる」あら、、、ふうーーん。

 私は会議が嫌いで、ましてや結論のない会議は最低、時間の無駄と思ってる。だから一度もやらなかった。
「私と話したい人は定時後に浜松町「勢竜」にいるからきてくれ」とした。
 それでいて「割り勘」にして文句が出なかった。むしろおごられるより言いたいことが言えたのではないかと思う。

 以来ほぼ毎日のように寄ることになってしまった。そのうちにマスター一人の21時以降が面白くなってきた。
「少し贅沢にカニ炒飯にするよ」マスターが作ってきた。
「どう見てもカニが入ってないじゃんコレ!」
「ちょっと待って」と、おもむろに調理場にいき、
「コレまぶして食べてよ」とカニ缶1個分を皿に盛ってきた。
なんとも怒るに怒れず、ただ笑うしかなかった。
 このお店がお客とともに変わって行く様を体験する、長いお付き合いがこんな風に始まった。
 

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
フリーエリア
最新CM
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[06/16 小林 哲人]
[05/13 その息子]
[04/10 その息子]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saochian
HP:
性別:
男性
職業:
IT関連
趣味:
ギター演奏、映画、テニス
ブログ内検索
P R
あし@
フリーエリア
アクセスアップ OneNabi
バーコード
忍者ブログ [PR]