忍者ブログ
2008/11/27
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



"職業病"と感じ始めた最初は、30代で市役所の開発をした時の方々から。
明らかに「業者」として接する方、「パートナー」として接する方、、、戸惑った。
どうしても理解できず、この人ならという方に質問した「この違いはどうして?」

「きっとここに来る前にどこに所属してたかなんです、土木課/収納課/保険課・・・対応する相手が違います。土木課は仕事をあげてる立場、収納は、頼むから収めての姿勢・・どうしても染まっていき、勘違いするんです」

最近、税務署に行く機会が増えた。なんとも気持ちが悪いくらい態度が低姿勢です。
ある国税の人が言うには、
「気をつけるようにしてます。でもねぇ許認可の部署の人たちには普段でも2Fから目線の方がやっぱりいるんですよ」

学校の先生というのも特別な何かが出来ていく職業のように最近感じます。
解説する人がいた、
「母親がそうだったんで良く分かる。人の意見は取り入れない/まず否定する/自分以外は間違ってる・・・そんなところかな」

社会人の三団体に所属しているが、勘違いしたまま所属し継続は難しいですね。

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
フリーエリア
最新CM
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[06/16 小林 哲人]
[05/13 その息子]
[04/10 その息子]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saochian
HP:
性別:
男性
職業:
IT関連
趣味:
ギター演奏、映画、テニス
ブログ内検索
P R
あし@
フリーエリア
アクセスアップ OneNabi
バーコード
忍者ブログ [PR]