忍者ブログ
2008/11/27
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 人前で話すことなど出来ない、おとなしい引込み思案な人間だったのに、人前でギターを弾いてから何かがはじけたように気持ちが変わっていった。
「好きなことをやったほうがいいですよ」という外からの進路相談員の言うがまま”数学科”に入りすぐ挫折、大学の数学は絶壁を登るように思えた。ギターが弾けることを頼りにクラブを探すことにしたら、感じのいい先輩が勧誘する”マンドリンクラブ”に入ることにした。でもこの先輩一年後にはいなくなってたなぁ。

 メトロノームなんて使ったこと無いから合奏の最初は苦労した。恐くて大きな音が出せない「もっと音出せ!」良く言われた。それがいつの間にか慣れてきて大きな音が出せるようになって、先輩がチラッと後ろを向く、ん?
「いや、いいんだ、音出るようになったなぁ」
 2年のとき、鈴木静一「雪の造形」 最初のしずかーなところにギターが”ポン”うーん?エイッ!と間違えた!途端に他のメンバーも固まって一人だけが正常に!
 演奏会が終わってから怒られたけど、それより冷静だった同期のK君を”あいつは異常だ!”との話題のほうがなぜか多かった。この時のレコードが残っていて可笑しい。

 このころ妙に明るく、誰とでも話をする楽天的な自分がいることに気付き始める。周りは学園闘争、安保闘争、、、過激な連中も何故か話したがる、変なオレ。
 まだまだギター独奏にこだわってた、家ではクラブの練習は全くやらず、独奏曲を常時10曲は暗譜これを卒業までに20曲を目標に、、、が達成ならず!きっと初見に慣れたせい。と、合奏の魅力に獲りつかれていったのかもしれない。

 卒業と同時に私は燃え尽きた感じ、プロの道もと思っただけでITの世界に入ってしまった。その時の同期は21人、燃え尽きないメンバーは鈴木静一先生に相談に行き、とうとう社会人団体”コムラード”を立ちあげた。
 今私を含めこの同期から9名が何処かの団体に所属して演奏している。

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
フリーエリア
最新CM
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[06/16 小林 哲人]
[05/13 その息子]
[04/10 その息子]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saochian
HP:
性別:
男性
職業:
IT関連
趣味:
ギター演奏、映画、テニス
ブログ内検索
P R
あし@
フリーエリア
アクセスアップ OneNabi
バーコード
忍者ブログ [PR]