忍者ブログ
2008/11/27
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 1988年から約10年お世話になった社外の方、独身でピカイチの営業マン。いい店をよく知ってたし、裏のビジネス情報にも詳しかった。
 彼が42歳のときある女性に猛烈アタックしてとうとう結婚した。22歳下のしかも中国四川省の方と。
 決めに中国に渡り相手の家族との面接をクリア、家族を日本料理店に招待!一人1万円とこちらと変わらない。
「あんた一年の給料を一晩で使うの!」って言われたそうです。

 いよいよ結婚!ここから時間がかかる、役所の許可がいる、
「分かった、じゃ来週病院の検査を受けなさい」ってそんなぁ
「オレ日本人簡単に来られないよ!すぐ検査でもなんでやってよ!」と袖の下を渡した!。
んで病院へ、本人曰く『あそこをムンズと摑まれて、よろしい』だって。はぁ?

2002-0831m.JPG 結婚証明書なるものを見せてもらった。真っ赤なカバーに二人個別の写真貼ってありそこに割り印、これはいいですねぇ、国にも許可された夫婦って感じ。そこまでに3ヶ月ほど、で相手が日本にすぐ来るのかと思えば、さらに出国許可に約6ヶ月かかるところまたまた袖の下で4ヶ月に。いやはや。

 その後彼は転勤願いを出しとうとう中国北京に住み着くことになってしまった。連絡が途絶えて4年ほどになるが、人伝に会社辞めてあちらで何かやってるらしいと聞こえてきた。自ら道を切り開き労を惜しまない彼の姿勢・生き方に敬意を表したい。(写真は新宿、2002年帰国したときのもの)

 このパターンは向こうでも上手く行くそうです。本気で中国を良く理解してないと悲惨なことになることもしばしばあるそうです。
 まず多民族国家であることこれは米国に近いがそれいゆえを理解しないとならない、社会主義国家であることこれは経験がないから理解に苦しむ、そして「三国志」のごとく裏切りOKだと思う方がいいようです。一時期工場を中国に移転し空洞化なんて騒いでたけど、今はどうなってるのやら。
 数年前のマンドリン同期会で”中国進出”というある工場長に、私ともう一人から雨あられのごとく教えやら戒めやら脅しやら1時間以上も。『出来たら止めた方がいいよ』と言っても社長じゃないしなかなか簡単じゃない。
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
フリーエリア
最新CM
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[06/16 小林 哲人]
[05/13 その息子]
[04/10 その息子]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saochian
HP:
性別:
男性
職業:
IT関連
趣味:
ギター演奏、映画、テニス
ブログ内検索
P R
あし@
フリーエリア
アクセスアップ OneNabi
バーコード
忍者ブログ [PR]