忍者ブログ
2008/11/27
[57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 遊びといえばキャッチボールしかなかった子供の頃、チョットしたきっかけで早くからカーブが投げられた。おかげで中学では肩も肘も痛めてしまった。それ以来無理だと思っていた野球も会社に入り昼休みにキャッチボールをするようになってとうとうチームが出来た。
1979-0616-2.jpg ストライクを投げられる人はオレひとりかよ?初めての試合は鮮明に覚えている。お客様チームで接待ゴルフならず接待野球、全く歯が立たず惨めな結果、こっちは初めてボールを握る人やらYシャツ姿の担当営業が入るし全くチームになっていなかったなぁ、、、。
「手の届く範囲でどこでもいいから投げてごらん」といっても範囲外にボールが来る。信じられないけど野球以外のスポーツで育ってきた人が増えている実感でした。

 子供とキャッチボールが出来るようになってよくやったが、私の轍を踏まないように地域の少年野球クラブに入れた。ピッチャーをやっている試合を一度見に行ったがとても見ていられない、が"結構いいチームだなぁ"と思った。高校に入り硬式野球部に入利部もう親の手が届かないところに行ってしまった。最後のキャッチボールは親をいたわりながら投げられて"もうこれが最後かな、、"とまいったなぁ。良かったのは中学でもいいコーチがいてくれたこと、おかげで彼は肩も肘も壊れずにすんだ。

 9人が集まらなくなって、野球チームが成立せずテニスに転向した。面白いもので性格、瞬間の体の形などからどこに来るかが分かる。感覚はキャッチボールのつもりだからさほど苦にならなかった。サーブはピッチングと同じつもりでやる、コントロールは全く同じ感覚なのが面白い。

 さて、心のキャッチボールというのがある。基本的に私は"届くはずがない”と思うことにしてきた。母親に投げても届かなかったし唯一届いたのは長兄、ほとんどの先生にも届かなかった。高校のとき受取った奴がいた、だから彼とは今でも付き合っている。
 あるキーワードで誰が何を連想したか当てるゲームをファミリートレーニングでやってみた。危険を感じ1度しかやってない。
 ”家族”をキーワードにしたとき、ほとんどが”ウッソー、ホント”である。がひとり、言い当てた、しかも「足かせ」の答え!コメントのしようもなかった、理由を聞いた、
「何度か飲んでは泊まりに行って、なんとなくきっとどこかでそう思ってるかもと」
 

PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
フリーエリア
最新CM
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[08/01 Movies Trailer Blog Link]
[06/16 小林 哲人]
[05/13 その息子]
[04/10 その息子]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
saochian
HP:
性別:
男性
職業:
IT関連
趣味:
ギター演奏、映画、テニス
ブログ内検索
P R
あし@
フリーエリア
アクセスアップ OneNabi
バーコード
忍者ブログ [PR]